BCC:忘却の彼方

V6岡田准一をとりあえず追いかけるブログ

岡田准一の歴代出演ドラマを超独断と偏見でランキングベスト5にする 件

これまたのんの師匠がご担当であるあさイチの歴代出演ドラマをランキングにして発表していたので、私もこれはのるしかない!!と鼻息荒くランキングを発表する。

ちなみに、V6全員で出演したドラマを含む全作品は以下の通り。(Wiki参照)

  • TEXAS(2002年5月21日 - 6月11日、フジテレビ系) - 四ツ星 役
  • 寿司と祭壇(2003年1月7日 - 1月28日、フジテレビ系) - 主演・筒井大輔 役

・・・・そんなに出てないすね(笑)。映画の印象のが強いのかしらね。

 

 

5位 恋愛偏差値『燃え尽きるまで』

ゲイのリュージ役。

これは見たらわかるけど、岡田はんがビジュアル的に超とんがりまくってたときである。

ガリガリだし、色は白いし、金髪だし、ピアスはあけてるし。泣く子も黙るとんがりくん時代である。

でも私はこのリュージが相当好きだ。

とにかく優しい。ビジュアルは相当キテるのに、いつもヒロイン怜子を見守る。

ラスト、リュージは海外に行くのだけど(結局怜子にふられる)最後まで彼女のことを案じてたなーーーー。

 

4位 モナリザの微笑

新人オークショニスト岡島役。

すきだったーーーーー。超まっすぐな岡田。今の大人になった岡田にはない、新人ぶり全開の岡田だった。

いつも7:3分けでオークションにかける物品とは別に出品した人の想いもオークションにかける岡島役。

劇中に出てくる岡島の台詞。

『人を信じられないなんて最低です!!!』

は、今でも忘れられない名台詞だと思うわ。

 

3位 SP 警視庁警備部警護課第四係

いわずとしれた岡田はんの俳優人生を確固たるものにしはった作品であります。

超人井上薫役。

土曜の深夜枠は好きだったけど、久々におもしろいドラマ作ったなーフジテレビさんよぉ、と心底思ったドラマ。

私のお勧めは病院に立てこもる北島さんたちテロリストとのガチ対決が見られるエピソードⅡですな。

 

2位 冬の運動会

言わずと知れた向田邦子作品。

北沢家の長男北沢菊男役。

結構複雑な話で、3代(じいちゃん、父ちゃん、息子)全員自分の家族とは他に家族がいるていう。

岡田の繊細な演技が光るんですよねぇ。寺島しのぶさまが、脳梗塞かなんかで最後亡くなるんだけど、その時の岡田の顔が忘れられない。

ついでに演技シロウトなハセキョーがまた超綺麗なんだわマジで。

 

1位 D×D

とらのすけーーーーー(木原虎之介)役

演技ヘッタクソだし、顔は子供だしで何度見返しても岡田准一の青春が見られます。

でもいっつも細身のダークスーツにド派手シャツで、都庁が見えるバスケゴールがある屋上つきのテナントハウスに住んでてお洒落だったなー。今考えたらコンクリート打ちっぱなしのデザイナーズじゃん、いくらすんだよここの家賃!と思うんだけど。

ここに憧れて私はいまだに屋上がついてる部屋をいまだに捜したりしますよ引っ越すときにw

1話で山口たっちゃんのお化けが見られるという特典付き。

ちなみにこの劇中に出てくる鈴木砂羽ちゃんと歌う金儲けの歌

「儲かるでぇ~~~~~~♪」が大好きです。

 

あーあたしもほぼ昔のドラマだわ。。。。。。。

そして全部VHSの保存・・・・。ちなみに私の今の家にはデッキがあるのでVHSさえ実家から持参すれば見られるのねー。