BCC:忘却の彼方

V6岡田准一をとりあえず追いかけるブログ

24時間テレビのパーソナリティについてひとこともの申す の件

土曜日、かほちゃんと渋谷での食事を終えた後沸くtwitterのTLを見てドンびいた。

『24時間TVメインパーソナリティ』に決まったことで沸いていた。

ファンの間ではJUMPファンとのサムイ交流や、

やっと、やっとだよなどという浮足立ったコメントであふれていたが、

私はそんなことは微塵も思わなかった。

10周年の時には仙台、石川、長野、広島まで加え全国大きな都市を回っていたことに加え、

10年応援してきてくれたファンのために、

ライブとは別に代々木でイベントを行ったこと(しかも追加で時間を増やし、1日数回)、

更に健ちゃんの

『ファンの子たちは絶対やってほしいって!』

っていう鶴の一声で決まった握手会。

休憩をはさみながらほぼ1日、握手会を行ったこと。

私は20周年もこうしてファンの気持ちに寄り添って21年目を迎えると思ってた。

夏のツアーは4大都市+新潟にとどまり、

嫌な予感は的中した。

まさか24時間テレビのパーソナリティとは。

どっちがバーターか知らないが、

 

事務所が本気を出せば感がひしひし伝わるこの営業。

 

 

ヲタはこの番組をどう思われてるか知ってるのか知らんのか。

 

私はここ数年、この番組を見ていない。

なぜなら純粋にもう楽しめない。

高額な募金を集める一方で、出演する芸能人たちに高額のギャランティが発生しているから。(彼らにいくら支払われるのか知らないけど)

その問題はもう数年前から露呈され、ジャニーズと日テレのズブズブなどと叩かれ、その矢面に立たされる彼らを想うと胸が痛い。

偽善だと叩かれてもやらない善よりやる偽善だと言われるが、

その裏に高額のギャランティが発生してるのとしてないのとでは話は別だと思うのだ。

岡田がまだ17歳で深夜時間帯は出演できず、カメラのこっち側で他の5人を見てたあの頃とはもう時代が違う。

私は現実を見てほしいと思う。

 

どうせ善をやるなら、

東北でライブをやってくれたほうが気持ちよくないか。

私は27時間テレビSMAPが東北のみんなに料理をふるまった時、

心からいいなと思った。

あれがチャリティなんじゃないのかと。

 

彼らに拒否権はないのは十分知っているけど。。。。。。

 

私と同じ意見が冷静なファンの間で少しはくすぶっていてくれるといいのだが。