BCC:忘却の彼方

V6岡田准一をとりあえず追いかけるブログ

これがまどかの望んだ結末だっていうの?

SMAPがなくなった。

(正確にはまだあと4日あるけど。)

私が小学生のときから見てきたスタアがグループをやめた。

どんな想いで世界にひとつだけの花を歌ったのか、

最期まで何も伝えられないまま、元祖アイドルの大きな看板をおろした。

ほんとにスタアだった。

ずっとスタアだった。

 

あの中居くんの涙を見て

我々ができることなど、やはり何もないと思った。

35万の署名をドヤ顔で提出して思いを届けた気になって

何の意味があるのか。

 

彼らは最期まで

人間である前に、スタアであり、ビジネスの商品だった。

 

過酷で残酷だが

だから凄かった。

徹底的にSMAPだった。

 

だからなにもない。

本当になにもない。

 

番組が終わったらSMAPも終わってしまうことに昨夜、

何度も絶望したけど

もうそれ以上なにもない。

 

足跡だけ遺して

美しく儚く散っていった彼らにかけたい言葉は限られている。

所詮私はこちら側だ。

 

失われたものに想いを馳せても仕方ない。

 

 

木村さん。

私は17歳のとき、あなたの久利生公平に憧れて検察官になりたかった。

ほんとうになりたかった。

 

何度も道を間違えて引き返して、

「1番好きなことは仕事にしたらだめなのよ」という親の方針から、

都市開発環境整備の研究で都庁に入庁するか、

法曹界で検事か事務官をするか、

最後まで悩んだ時に思い出したのは、あなたの演じた久利生公平でした。

司法試験どころか事務官の試験すらパスできなかったけど、

「正義」とはなにか未だに答えを出せず、

その存在がなんなのか疑問ですらあるけど、

私が今生きている世界は、あなたが示してくれた場所です。

あなたが教えてくれた道です。

 

 

 

THE YELLOW MONKYの吉井和哉は絶頂のとき

「絶望でしかなかった」と云って解散し、

でも今再び同じ場所で歌っている。

 

 

また全員がそれを望むとき、いつか戻れるときがくると思うから。

 

 

 

私はあなたが示してくれた場所で

あなた方が残してくれた多くのものを頼りに、

 

今日も明日も明後日も生きて行こうと思うのです。

 

おつかれさまでした。

 

ありがとう。