BCC:忘却の彼方

V6岡田准一をとりあえず追いかけるブログ

素直に云える。森田、森田おめでとう。

宮沢りえのすごさをアラフォー以下がわかるわけねえなと思った。

 

彼女が「ぼくらの7日間戦争」に出たときのかわいさや

スワンの涙」で武田久美子にいじめられるお芝居を観たとき、

子どもながら私は、

 

こんなにかわいいひとがこのよにそんざいするのか・・・

 

と心底思った。

そらとんねるずのタカさんが、本屋の立ち読みで見つけた雑誌に1頁だけ新人で載ってたという彼女を、港さんにソッコー声かけて

『番組に出てもらおうよ!』って呼んだのも当たり前だなと思う。

こんなにかわいい人が当時の貴花田の婚約相手になり、おかみさんになってしまうなんてと、思っていたらそのゴタゴタで彼女は激やせしてしまい、

それからしばらく経って女優として本気を見せ始めた宮沢りえは完全に

 

大女優

 

だった。

私は彼女がNODA・MAPの「パイパー」に出たとき初めてその演技に度肝を抜かれた。

松たか子が主演で脇を橋爪功田中哲司が出るという超豪華すぎる舞台だったけど、

何しろ野田さんの話が難解すぎて脳みそ洪水であった。

その中で宮沢りえは地声をはるかに下回る低音で野田秀樹の畳み掛けるよな長セリフで観客を圧倒してた。

あんなに感動したのは、小西真奈美が同じNODA・MAPの「走れメルス」で同じように完璧なセリフまわしをしていたのを目の当たりにした以来だった。

 

いつか森田も結婚するとは思っていた。

でもそれがあの圧倒する演技をみせつけるりえちゃんとは。

森田の芝居がだんだん岡田とは違う俳優極みみたいになってきたのは彼女の影響なのかな。

子連れの大女優と結婚する覚悟、さすがうちのエースだよ。

 

正直今回、長野くんの結婚は祝福していた人たちが割と否していたのが信じられなかった。

長野くん嫁のほうは5ちゃんの目撃情報で散々云われていたし、

かつてPOOHって番組司会で新人いびっていた姿を見ている私としては

なんで健全なりえちゃんが反対されるのか不明だった。

 

「子供が可哀想」とまで言ってるヲタもいて

それは森田に対するものでなく、彼女の「母親」の部分に対するものであるのは明らかなのだが、

それってニアイコール森田に対するものじゃない?と心底思った。

職業柄、継父のほうがずっと幸せな人生を送っている子供を実際見ているので、

私はそこに関してなんの疑問も感じていない。

明石家さんま師匠がにちかくんに『ボス!ボス!』と慕われ、「おれはボスについていきたい」とまで言わせた事実を知っているしな。

 

いつもセンターで静かに、

でも実は誰よりも他の5人を想っているのがわかる森田剛の男気をたっぷり見せつけられた。

リーダー坂本と同じよに苦労してきたポジにいた彼に

心底幸せになってほしいと思っているから、いい選択をしたと思うよ、と声をかけてあげたい。

これから苦労もいっぱいするだろう。

他人の子の父親になる大変さは私にはやはりわからない。

それでもあなたがその道を選んだのなら、心底応援したい。

 

そう、今回は違うよ。

心から応援したい。

 

ド平日に「俺はこの紙ノータッチです」感たっぷりのあのお知らせを送りつけてきた森田に、

心からお祝いを言いたい。